神奈川県事務用品協同組合ウェブサイト お問い合わせ

サガミハラ学園 ぶんぐ組 | 神奈川県事務用品協同組合 | ぶんぐ大好きサガミハラ

サガミハラ学園ぶんぐ組 トップ

【美術】全90色の色鉛筆

2018/03/03 土曜日

今年も3月に入り、春が近くまで来ている感じがしてきました。

暖かくなってくると外出の機会も増えてきますよね?

一寸近所の公園にでも散歩に出向いて、春の風景をスケッチしてみては如何でしょうか?

と言うわけで、今回はスケッチの際に一番少ない荷物で済む色鉛筆を紹介します。

色鉛筆と聞いてイメージするのは12色でしょうか?

私は、文房具屋の生まれなので小学生の頃は、12色・24色の色鉛筆を持参している同級生が多い中、36色の色鉛筆を広げて自慢したものです。

それでは、色鉛筆の中でより多くの色数をそろえた商品は一体何色なんだろう?

私の会社で取り扱いのある中では三菱鉛筆の商品で、ユニカラーの100色です。

三菱ユニカラー

36色・72色も有りますが、100色ともなると、ケースに入った重さは2kg!!

ユニカラー100C

ユニカラー100C

価格は税別で16,000円です。

他のメーカーで面白いと感じた商品はトンボ鉛筆の「色辞典」と言う商品。

トンボ色辞典1

こちらは90色なのですが、「色辞典」の名前の通り、まるで辞典のようなブック型のパッケージで、30色セットになっている第1集・第2集・第3集の3種類をすべてそろえると90色になるように出来ています。

色辞典第1集

色辞典第1集

色辞典2

こちらの商品は3種類とも税別3,600円で、第1集は樹木・花・鳥の色、第2集はエコロジーカラー、第3集はつややかな蛍光色を含む、という感じになっていますので、必ずしも第1集から購入しなくても、自分好みの30色を選ぶのも楽しいですよね?

この春、色鉛筆とスケッチブックを持って、外出してみてはいかがですか?

(金子恒弘)

【数学】学校の先生と共同開発した・・・

2018/02/07 水曜日

今回は新年度に入学する新1年生にお勧めの定規を紹介します。

今回の商品はレイメイで発売されている定規なのですが、学校の先生と共同開発し、学習しやすい工夫がいっぱい詰め込まれた物となっています。

はし0メモリ直定規(30cm税別200円・18cm税別100円・15cm税別70円)

はし0メモリ直定規(30cm税別200円・18cm税別100円・15cm税別70円)

商品名を「はし0(ゼロ)メモリ定規」と言い、特徴はと言うと・・・

①左右両きき対応メモリ(左利きでも使いやすい右からもメモリ付き)

②定規の端からメモリがある「はし0ゼロメモリ」

③矢印付きメモリ

④見やすいヌキ数字

⑤方眼罫

はし0メモリ三角定規(45° 151×106×106・30° 174×151×87mm 税別200円)

はし0メモリ三角定規(45° 121×85×85mm・30°60° 140×121×70mm 税別130円 45°151×106×106mm・30°60° 174×151×87mm 税別200円)

はし0メモリ分度器(W90×H45 税別90円)・(W119×H60 税別130円)

はし0メモリ分度器(W90×H45 税別90円)・(W119×H60 税別130円)

大きな特徴はこの5つですが、商品自体が薄くて柔軟性があり、再生PET樹脂100%素材で環境にも配慮された作りになっています。

APJ282  はし0メモリ定規セット税別280円

APJ282  はし0メモリ定規セット税別280円

商品のラインナップも、直定規・三角定規・分度器、更に3種類がセットになったセット(税別280円)・3種類+コンパスのセット(税別680円)まで有るんです。

これで、算数の学習がより楽しめるようになるかもしれませんね?

(金子恒弘)

【美術】プレイカラードット “●ドット”が押せるペン

2018/02/05 月曜日

トンボ鉛筆から新発売のプレイカラードットは

直径約5㍉の丸スタンプ芯を新採用!

従来の普通に筆記する、ラインを引くに加えて

ドットが押せます!

about_base秘密は丸いペン先。

スタンプ間隔で押すと丸いドッとが押せちゃいます。

enjoy_modalfeature_base

通常のマーカーとしてもOK

feature_point02

ドットを重ねたり

feature_point01

色々と応用するとこんなにカワイク描けちゃいます

feature_point04

ペン先は丸スタンプ芯と超極細芯のツインなので、超ベンリ。

feature_point03

トンボ鉛筆、プレイカラードットは全12色で発売中です!

詳しくは、コチラから

(金子昌一)

【国語】新年と言えば…

2018/01/23 火曜日

2018年になって相模原市内の小・中学校も3学期が始まって半月以上が経ち、お正月気分も抜けてきた頃でしょうか?

冬休み中の宿題になった子たちも多いと思いますが、この時期と言えば「書き初め」ですよね?

3学期の書道の授業で「書き初め」する学校も多いと思います。

相模原市内の学校でよく使われている墨汁は、開明の開明墨汁です。

学校で授業用として用意している物なので子供たちの物より大きい360ml(税別750円)です。

開明墨汁360ml BO1004 750円

学校の授業と言えばこれ! 朱墨汁も忘れちゃいけません(360ml税別1000円)。

bo8002開明朱墨液 360ml 1000円

書いた作品の「止め」「跳ね」「はらい」などの部分にチェックされましたよね~?

先生側からすれば朱墨汁の使用料のほうが断然多いです。

最近の墨汁は、家庭で練習する際に洋服を汚してしまった場合に備えて、洗えば落ちる書道液や、筆が固まってもすぐに戻りやすい墨液(画像は、共に呉竹の商品)なども販売されています。

呉竹 ふで思いなぼくてき(180ml税別350円)

呉竹 ふで思いなぼくてき(180ml税別350円)

呉竹 洗って落ちる書道液(180ml税別400円)

呉竹 洗って落ちる書道液(180ml税別400円)

羽子板対決で顔にいたずら書きされてもこれなら大丈夫?

今年に入って、まだ書き初めしていない方は、今年の抱負など書いてみてはいかがでしょうか?

(金子恒弘)

【歴史】年賀状書きましたか?

2017/12/13 水曜日

12月も半ばになり、この時期と言えば年賀状の準備に追われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私が小学生くらいの頃は、単純に手書きのイラストを描くのが殆どでしたが、理想科学で販売されていたプリントゴッコが画期的だったのを覚えています。

個人的には大好きだったんですが、何年か前に廃番商品になってしまいました。

今時の年賀状となると以前紹介したとは思いますが、シードで販売のスタンプ作り専用消しゴム「ほるナビ」(はがきサイズで税別600円)が子供向けで人気があります。

シードのほるナビ・・・消しゴムで出来ているので簡単です。

シードのほるナビ・・・消しゴムで出来ているので簡単です。

大人向けには、一般家庭にパソコンが普及したことで自宅のプリンターで年賀状印刷も良いですが、はがき専用のプリンターがエプソンで販売されて人気があるようです。(オープン価格)

エプソン ハガキプリンターPF-81

エプソン ハガキプリンターPF-81

画面がハガキサイズなので分かりやすいです

画面がハガキサイズなので分かりやすいです

クリスマスの事ばかりに気を取られずに、日ごろお世話になった方へのご挨拶は忘れないようにしましょうね。

(金子恒弘)

【美術】けしごむを作ろう!

2017/11/15 水曜日

11月4日・5日に開催された潤水都市さがみはらフェスタ2017に参加・出展した際に1番人気だったのがクツワで発売されている「けしごむをつくろう」でした。

クツワ けしごむをつくろう ケーキ

クツワ けしごむをつくろう ケーキ

こちらの商品は電子レンジで簡単・手軽にかわいい消しゴムが作れるのが特徴で、中には作り方説明書・けしごむねんど・立体型・専用カップ・ペーパークラフトが入っていて、けしごむねんどを立体型に入れて形を作り電子レンジを使用してけしごむを作ります。

箱の中にはこんな感じのキットが入っています

箱の中にはこんな感じのキットが入っています

完成するとこんな感じになります

完成するとこんな感じになります

対象年齢が6歳以上ということもあり、フェスタ会場に来てくださったお子様連れのお父さんお母さんが、興味を持ってくれて、用意した3種類の「けしごむを作ろう」はおかげ様で無事に完売しました。

けしごむをつくろう バーガー

けしごむをつくろう バーガー

この商品は、以前にも出品したことがあるのですが、一時期中止品になってしまったことも有り、今回は久しぶりの登場だったのですが、お客様の好評を得られてとてもうれしかったです。

けしごむをつくろう おすし

けしごむをつくろう おすし

他にも色々な商品を用意したのですが、この商品が1番人気だったのと、自分で作れる工作的な要素もあったので、今回の記事にしてみました。

ちなみに定価は税別600円です。

けしごむをつくろう パフェ

けしごむをつくろう パフェ

また何かのイベントに参加することがあれば、今回とはのバージョンを用意するかもしれませんのでお楽しみに・・・

(金子恒弘)

【外国語】パーマネント?

2017/10/19 木曜日

今回は、パイロットで新発売の「パーマネントマーカー」と言う油性マーカーを紹介します。

この商品は油性マーカーなのですが、パーマネントってなんだろ?と思いまして・・・

パーマネントと聞くと、英語が苦手な私は、美容院でロットを巻いて専用液をつけてウェーブの効いた髪型にすること・・・パーマ掛けに行くって言うけれど、そもそも「パーマネント」って・・・

調べてみたら、長持ち・半永久的なこと、何だそうです。

パーマネントマーカーの特徴

パーマネントマーカーの特徴

それを踏まえて、このパーマネントマーカーの特徴を確認してみると・・・

「キャップをしなくても24時間書ける」「こすれに強い」「筆跡が濃い」

・・・なるほど!

それで、パーマネント(長持ち)なんですね。

この商品は、従来の油性マーカーと違い新開発のGSPインキ(表面特性を調整したインキ)を搭載したことにより、プラスチックやガラスなど、インキがしみ込まない面への密着性に優れ、インキが広がりにくいために筆跡も濃く、ハッキリ見えるようになったとのこと。

更に、特殊ん添加剤による皮膜がペン先を覆い、キャップをしなくても24時間、インキの蒸発を防ぐことが出来るんだそうです。(試験条件 室温23度・湿度50%・無風)

確かに油性マーカーのキャップって、閉め忘れてしまうこと、有りますよね?

この商品は中字丸芯のMPM-10Fと中字平芯のMPM-10Bの2種類で、どちらもブラック・レッド・ブルーの3色展開、税別100円です。

中字丸芯 MPM-10F

中字丸芯 MPM-10F

中字平芯MPM-10B

中字平芯MPM-10B

そういえば、○○マーカーって商品は、どちらかと言うと太めの筆跡の筆記具の事で、細めの筆跡の筆記具は○○ペンとなっているようです。

特に決まりはないのですが、各メーカーで出している筆記具を思い出してみると・・・なるほど、そんな気がしますね?

(金子恒弘)

【美術】シャチハタネーム印を着せ替えよう

2017/10/10 火曜日

モフラ

仕事に家庭に大活躍のシャチハタネーム印。

黒い本体のネーム9(印面サイズ直径9ミリ)が一般的なサイズです。

ネーム9

落ち着きのある、大人な飽きのこないデザインです。

さてコレを、いま流行りのモフモフにしてみませんか?

お持ちのネーム9のパーツを交換するだけで出来ます。

モフララインナップインク交換と同じ要領で、本体をパカッと外して交換。

すぐに癒しのモフモフ感触に。

定価は800円+消費税。

なお、ネーム9は別売りです。

また、モフラのキャップとホルダーは、それぞれの単品販売はございません。

詳しくはこちらのシャチハタページを!

(金子昌一)

【体育】体調を崩さないように・・・

2017/09/01 金曜日

8月も終わり、夏から秋へと季節もバトンタッチの時期ですが、まだまだ気をつけなければならないのが熱中症対策や、食中毒対策ですよね?

体調管理に気をつけると言っても、意外と自分自身では気づかないのが怖いところです。

そんな時にオフィスや自宅の部屋に置いておくだけで室内の環境を知らせてくれる便利で可愛いデザインのグッズが有りますので紹介しますね。

今回の商品は、タニタで発売しているコンディションセンサー「シラセル」です。

まず最初に興味を持ったのはやはり見た目のデザインです。

普段目にする温室時計はどちらかと言うと時計に近いデザインをしている物が多く、何となく四角いイメージがします(私固人の感覚です)。

面白いデザインですよね?

面白いデザインですよね?

しかし、この「シラセル」は言葉にして説明するのは難しいですが、なんだか可愛らしい感じですよね?

サイズは幅・奥行が99mm、高さ118mmで重さが約190g

室内の状況を分析して本体の先端部分が4つの光でお知らせします。

先端が赤い時は熱中症に注意

先端が赤い時は熱中症に注意

赤が熱中症・紫がカビ、ダニ・緑が食中毒・青が季節性インフルエンザをお知らせ!!

光だけでなく音声でもお知らせしてくれる優れ物で、本体の背面部分には液晶画面があり、液晶画面から温度・湿度・注意情報を知ることが出来ます。

背面には液晶画面が付いています。

背面には液晶画面が付いています。

使用電池は単3形アルカリ電池4本で、購入時にはお試し用の電池が付属しています。

測定範囲は温度が-5~50℃(単位0.1℃)、湿度が20~90%(単位1%)

税抜価格で5,000円です。

室内環境を整えて、体調を崩さないようにしましょうね~

(洋文堂 金子恒弘)

【理科】色つきのりのヒ・ミ・ツ

2017/08/10 木曜日

みなさん色つきのりをご存知ですか?

KIMG0026

トンボ鉛筆の「消えいろPit」。塗った場所は青く発色し、乾くと透明になるという商品。塗ったところが色つきで確認できるので塗りムラをなくせる。はみ出しによる汚れをなくせる。とういうメリットがあります。そんな「消えいろ色Pit」色の消える仕組みをみなさんご存知でしょうか。

無題

(左下画像:トンボHP)

実は小学校の理科の時間につかったリトマス試験紙と同じ原理を利用しているんです。酸性だと赤色アルカリ性だと青色にかわる「アレ」です。

Phを示す「Ph指示薬」をのりに配合し、色を出しているんですね。

ということで、もともと弱アルカリ性(青色)ののりが紙の酸性成分や空気とふれることで中性となり透明となるんですね。

最近ではでんぷんのりヤマト糊で有名なヤマトから液状のりの色消えタイプも発売されてます。

KIMG0027

(吉野 知也)